お酒飲まないのにASTとALTの数値が高い

お酒飲まないのにASTとALTの数値が高い

そもそもASTとALTとは?

 

ALTは肝臓、ASTは肝臓・赤血球・心筋などに存在している酵素の一種です。
アミノ酸やエネルギーの代謝に深く関わっていますが、肝細胞に異常が生じると血液中に流れ出てしまいます。
肝機能検査で高い数値が出た場合には、肝障害の疑いがあります。ASTだけの数値が高い時には、溶結性貧血や心臓など肝機能以外の疾患の可能性があります。

 

ALTの数値が高いと脂肪肝?

 

検査の結果、肝細胞にのみ存在するALTだけが異常に高い場合には、脂肪肝や慢性肝炎の可能性があります。
肝臓は沈黙の臓器とも言われ、自覚症状が出にくいのが特徴です。検査をして初めて何らか異常が発覚します。ALTの数値が高い代表的な症状は脂肪肝で、脂質の多い食事、過度なアルコールの摂取、肥満体系の人は注意が必要です。
肥満度が高くなると、中性脂肪が肝臓に蓄積されます。中性脂肪が多いと血液がドロドロの状態になり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクも高くなります。さらに、肝臓にも炎症が起こりやすくなります。異常が発見されずに、炎症が放置されると肝硬変になる可能性もあります。

 

アルコールを飲む習慣がないのに数値が高い

 

肝機能検査で異常が出る人の中には、お酒を飲まない人、普通体型の人もいます。
検査の前日に脂質の多い食事をしたなど、普段から食生活に偏りがある人も検査の数値に影響することがあります。
さらに、日常的に服用している薬が影響している場合があるので、医師からの処方薬を飲んでいる場合には、お薬手帳を持参するなどして検査時に申告をしておく必要があります。食生活の偏りがなく、適度な運動をして健康に気を付けているにもかかわらず、ASTやALTの数値が高い時には、体調による一時的な数値の異常もありうるので、再検査や精密検査を受けて原因をはっきりさせると良いでしょう。