ASTとALTの役割について

ASTとALTの役割について

ASTの役割

 

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略で、細胞内で作られる酵素のひとつです。
主に肝細胞に存在していますが、心臓や腎臓、赤血球などにも存在し、アミノ酸やエネルギーの代謝を担っています。
検査において高い値が出る原因は、肝機能に生じたトラブルによって、肝細胞が血液に流出することによります。
ただし、ASTは複数の臓器に存在しているので、肝臓からの流出と判断するには、ALTの値の確認も必要です。

 

AST値が異常になる原因

 

AST値が高くなった場合、考えられる原因は、肝臓なら、脂肪肝・急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・アルコール性肝炎、うっ血肝などがあります。
他に胆道、心疾患、心不全、腎疾患、急性膵炎など幅広い臓器に関わる疾患の可能性があるので、ASTの数値のみで判断することはできません。
医師による再検査や精密検査によって、疾患の有無や場所が特定されます。

 

ALTの役割

 

ALTはアラニンアミノトランスフェラーゼの略で、主に肝細胞に存在している酵素のひとつです。
アミノ酸・エネルギー代謝に必要です。ALTは複数の臓器に存在しているものではないので、肝細胞にトラブルが生じた場合に、血液に流出します。
そのため、ALTの数値が高い時には、トラブルが発生しているのは肝臓であると特定できます。

 

ALTの数値によって疾患が特定できる

 

ALTの数値が基準値より高いとき、上昇値によってある程度の疾患を判別できます。
たとえば軽度と呼ばれる100U/l以下でも、脂肪肝、慢性肝炎、肝細胞がんなど、1000U/l以上と大幅な上昇がみられる場合には、急性肝炎、劇症肝炎、ウィルス性肝炎などが考えられます。
上昇値が大きいほど重篤な症状というわけでも、基準値を超えている値が少ないから軽度の症状というわけでもありません。