AST・ALTを下げるには?基準値より高いとどうなる?

AST ALT 下げる

AST・ALTは肝細胞に存在する酵素の一種で、血液検査などで基準値より高い数値が出た場合は、肝臓になんだかのトラブルが起こっています。再生力の強い肝臓と言われていますが、そのまま放っておくと脂肪肝や肝炎、肝硬変などの重病になる恐れがあります。

 

基準値はALT→ 5〜45U/I(肝臓のみに存在)
AST→10〜40U/I、(肝臓、心筋、骨格筋などに存在)

 

となっていますが、あくまで目安ですので基準値内だからと言って安心しないで常に意識することが大切です。原因として食べ過ぎ・飲みすぎなどの食生活の乱れ、喫煙・運動不足・ストレスなどの生活習慣の乱れなど、普段から気をつけていれば問題ない事ばかりです。

 

特に肝臓に良いとされる食生活(シジミや牡蠣、野菜など)を送るだけで数値はかなり下がるとされています。しかし、毎日忙しく過ごしているとなかなか意識していても実践できないのが正直なところです。そんな時はサプリメントなどを上手に活用して、少しずつ生活スタイルを変えていくのもいいでしょう。美味しい食事やお酒も適度に楽しみながら、肝臓に優しい生活が送れるといいですね。

 

レバリズム-Lの特徴

沈黙の臓器と呼ばれている肝臓に異変を感じた時は、すでに事態は深刻化となっています。外食やアルコールの摂りすぎなどで脂肪肝になる働き盛りの男性が増えています。残業やストレスで自分の身体を顧みる余裕のない方にレバリズム-Lをおすすめします。肝臓に良いとされているシジミエキス、牡蠣エキスでアミノ酸や亜鉛をしっかりキープ。さらにそれらをサポートするスクワランやビタミン類などで弱った肝臓を整えます。自然のまま栄養素を凝縮して作られていますで、身体にも優しく安心して摂取出来ます。

価格 980円
評価 評価5
備考 シジミエキス・牡蠣エキス

 

肝パワーEプラスの特徴

なんだか体がだるい…飲み会の次の日が辛い…家事に仕事に忙しくてストレスが…などと年齢とともに思うことが多くなりますよね。分かっているけどなかなか肝臓にいい生活を実行できない方に肝パワーEプラスをおすすめします。肝臓の機能に良いとされている亜鉛たっぷりの牡蠣、クエン酸たっぷりの南高梅、元気の源ジャンボにんにくを質・産地・配合量すべて究極な形で粒状になっています。しっかり無理なく続けて頂けるように1日たったの3粒で身体に補うことができます。日本の伝統ある食材ばかりなので、安心して摂取して頂けます。

価格 980円
評価 評価5
備考 牡蠣・南高梅・ジャンボにんにく

 

きなりの特徴

最近は食生活も欧米化してきていて、肉や揚げ物などがどうしても多くなってしまいます。そうなると
必然的に魚や日本食を食べる機会が減ってしまいがちになり、気づけば体重や体脂肪が増加・高血圧などの症状が出るようになってしまいます。そんなお悩みを持ち、ぜひ改善したい方にきなりをおすすめします。1日の摂取目安量の半分にあたる500rのDHA・EPAが配合され、酸化しにくいようクリルオイル、ネバネバ成分のナットウキナーゼも贅沢に配合されることで魚不足のサポートになるでしょう。気になる魚臭さも特殊な製法で作られているため気にならず、安心して摂取して頂けます。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 DHA・EPA・ナットウキナーゼ

 

AST・ALTとは?肝臓の何を示す?

 

肝機能の状態を測る数値として利用される数値のひとつがALTです。このALTですが、正確にはアラニンアミノトランスフェラーゼと言い、従来はGOTといわれていましたが、最近はALTに表記が統一されつつあるようです。このALTが何を示しているのかといえば、ALT自体がアミノ酸を代謝するときに必要となる酵素ですから、この数値に問題がある場合は体の代謝能力に問題が生じているとみなされ、体の中の代謝の中枢を担う肝臓に問題が生じていると考えられるのです。

 

肝臓で体に良い働きをしているALTのですが、肝細胞がダメージを受けて破壊されると、含まれていたALTは血液中に漏れ出してしまうため、それで血液検査でALTの数値が高い結果を示すようになるというわけです。健康診断や人間ドックの検査では、肝機能検査は項目の中に必ずありますので、定期的に健診を受けてさえいれば、自覚症状が無いとしても重大な問題になる前に気づくことがほとんどです。

 

ALTは肝臓と腎臓に特に多く含まれている酵素ですから、肝炎や肝硬変、肝臓がん、胆石症などの病気がある場合には、ALTは高くなり、より精密な再検査を求められるようになります。ALTの数値が高い場合に必ずしも肝炎や肝硬変といった重大な状況になるわけではなく、軽度であれば生活改善などを行うだけでも充分に数値を落ち着かせることができるものです。肝臓のトラブルは自覚症状が少ないものですから、ALTなどの数値の変化にはいつも気をつけておいて、トラブルにすぐ気づけるようにすることが大切です。

 

ASTとALTの違いは何?

 

ALTとASTは似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。ALTとASTは共に体の中に存在しているトランスアミナーゼという酵素の種類です。体の中でアミノ酸を合成する酵素ですから、体の健康維持のためにはとても重要だということがわかります。ALTは肝臓に主に存在していますが、ASTは肝臓や腎臓だけではなく心筋や骨格筋などにも存在しています。

 

ASTとALTとでは、細かい性質の違いがありますから、それによって体の状態を正しく把握することができるようになります。たとえば、ASTとALTでは、血液内で半減する時間が異なります。そのため、その数値の変動に気をつけて観察してみたり、また数値の差などを考えてみると、状況の把握が容易になります。

 

たとえば肝臓病であればASTとALT両方の数値が高い、ALTの数値だけが高いということになります。逆にASTだけが高い、両方とも高いがASTの方が圧倒的に高いというケースでは、肝臓の問題よりも心臓病などの問題を疑います。骨格筋にもASTは存在するため、運動後に検査を受けると数値が高くなることもあります。

 

ただ、注意しなくてはならないのは、これらの数値を気にすることで問題を把握することができますが、どちらも数値に異常があれば深刻な問題の可能性があるということです。ですから、どちらか一方でも問題があれば、しっかり医療機関で検査して問題がないか確認するようにしてください。

 

ASTとALTの基準値は?

 

ALTの基準値の範囲から大きく外れるようになると肝臓の状態に何かしらの異常が疑われるようになります。ALTは肝臓の細胞に多く存在しているために、血液検査でこの数値が高くなっているなら、肝細胞の破壊が進んで中のALTが血液中の漏れ出しているということを示しているのです。ALTの基準値は、成人で平均して4〜37IU/Lというのがひとつの基準です。

 

これ以下になると、ALTが低い状態とみなされますが、これもまたひとつの異常として改善を求められるようになります。ALTが低すぎる場合にはアミノ酸を生成する酵素が体内に不足しているということを示すため、たんぱく質を普通の人よりも多く摂取するようにしないといけません。また、上昇していると考えられるのは、基準値を超えてからで、病気を疑い、危険性があると考えるようになるのは90以上からです。この数値は絶対的なものでなく、頻繁に見直されていて、近年は早期発見のために基準値が低めに設定される傾向があります。

 

肝臓はもともとたいていのことは自分で修復するので、目だったトラブルが起こることは無いのですが、ALTの数値に明らかな変化が生じているというのは、何かのトラブルが起こっていると考えてほぼ間違いないのです。肝炎や脂肪肝、肝硬変、肝臓ガンなどの様々な肝臓病が生じている可能性があります。ただ、ALTの数値が高くても軽度であればちょっとした習慣に気をつけるだけでも改善が可能ですから、むやみに恐れるのではなく、ALTの数値が100程度になったら病院でしっかり治療を始めた方が良いということを覚えておけばまずは大丈夫です。

 

AST・ALTを下げるには?

 

ALTの数値はどうして上昇するのでしょうか。簡単に言えば、肝臓に負担を与えるとALTは上昇します。肝臓の細胞内に多く含まれているALTは、肝細胞がダメージによって破壊されてしまうと血液中に流れ出てしまうため、血液検査の結果ALTが多くなってしまうからです。そのため、肝臓に負担をかける食べすぎや、アルコールの摂取過剰、肥満、ストレスといったもの、そしてウイルス感染などはALTを上昇させる原因となります。

 

アルコールなどの影響で一時的に上昇するケースもありますが、こういった場合はお酒を控えていればすぐにまたALTは落ち着いてきます。しかし、慢性的にお酒を飲んでいたり、過食が続くとこのALTが上昇するようになるのです。肝臓を酷使しすぎると、もともともっている高い再生能力をもってしても、元の状態に戻すことができません。肝臓は頑張って仕事をしていますが、働くほど疲労も蓄積し、消耗してしまうのです。ですから、普段から肝臓の負担を和らげることも考える必要があります。

 

暴飲暴食を避けることはもちろん、肝臓の負担となる脂肪分の高い食事は避け、また一度に食べ過ぎたり、寝る前に食べたりする習慣を改めましょう。また、たんぱく質や、タウリン、オルニチンなどの肝臓に良い成分を積極的に摂取するようにすると良いでしょう。こういったことの積み重ねが、ALTの上昇を防ぎ、肝臓の状態、ひいては全身の健康状態を改善してくれるのです。

 

AST・ALTの改善は食事の見直しから

 

肝機能を高めることによって、肝臓の不調を表すALTの数値の改善が見込めることがあります。もともと肝臓は再生能力が高い臓器ですから、しっかり栄養を摂取することによって状態を改善することは難しくありません。肝臓に悪い食事をやめて、肝臓に良い食事を摂取するようにするという対応が効果的です。肝臓に良い成分として有名なのは、オルニチンやクルクミン、アスタキサンチン、セサミン、レシチンなどがあります。

 

肝臓の疾病の状態が重度になっている場合は医師との相談が必要ですが、健康診断で肝臓に気をつけるように言われた程度であれば、積極的に摂取しておくと改善が期待できます。肝臓では、たんぱく質や糖質、脂質の代謝を行っていますが、ALTが高くなってくるとたんぱく質を生み出すアミノ酸が肝臓に不足している状態となりますので、アミノ酸の合成が難しくなります。そのため、重い肝臓病になると食事は高たんぱくを課されるようになっています。たんぱく質の摂取は、ダメージを受けた肝細胞の修復を早めるほか、全身の代謝を高めたり機能維持に有効にはたらきます。

 

また、肝機能の本来の働きを助けるために抗酸化作用のある成分を多く摂取するのも大切です。肝臓はその働きの中で多くの酸素を取り込み、活性酸素にさらされるために、そのダメージも大きくなりますから、これを取り除くことで状態を整えることができます。普段から食事にも気をつけて、積極的に肝臓をいたわってあげましょう。

 

ストレスが溜まりやすい人はAST・ALTが高くなりやすい?

 

ALTの数値が高い人というのは、肝臓が何かしらのダメージを受けている状態と言えます。肝臓がダメージを受けて細胞が破壊されると、肝臓の中のALTが血液中に放出されてALTの数値が上昇するからです。ALTの数値が高くなる原因は様々ですが、肝臓にダメージを与える肥満やアルコール、ウイルス感染などがありますが、ストレスなどもダメージになるので注意しましょう。

 

肝臓の病気はアルコールが原因と考えられていた時期が長かったですが、お酒を一切飲まないという人でもALTの数値が急上昇する場合があります。もしも再検査などで異常がない場合には、ストレスによるALTの上昇が疑われます。慢性的なストレスではなかったとしても、急激に忙しくなったり、精神的に大変なことが続けば、急にALTの数値が上昇することもあります。ストレスは現代人の天敵と言ってもよく、多くの病気とストレスが関係していますから、ストレスがたまりやすいと自覚のある人はリラックスする時間を作るなど毎日の生活から工夫することが大切です。

 

肝臓は、沈黙の臓器といわれるほど、問題やトラブルに対して辛抱しながら働き続けるという性質を持っています。無口で我慢強く働く人ほどストレスがたまりやすいのと同じで、肝臓もダメージをためこみやすい器官なのです。ストレスの自覚症状がなくても、働いたり悩んだりすれば、それなりにストレスはありますし、それによって肝臓もダメージを受けています。普段からちょっとしたストレス解消の時間を作って、ストレスとうまく付き合いましょう。

更新履歴